リハビリ部門

当院の「何でも相談できる地域に根ざしたクリニック」というコンセプトのもと、日常生活やスポーツ活動における痛みでお困りの皆様により快適に過ごして頂けるようサポートさせていただいています。
また、より適切な治療を提供するために、スタッフ一人ひとりが最新の医学知識や治療技術の修得に努めています。

メディカルリハビリテーション

日常生活やスポーツ活動における症状に対する治療

多くの患者様が、「加齢に伴う関節などの変化からくる痛み」、「スポーツ場面での痛み」、「労作中の痛み」といった痛みでお困りです。
これらは、痛みが出ている部位の問題だけでなく、姿勢や動作パターンといった全身的な影響からきていることも関係しています。
その様な状態から脱却する為、身体と動きの専門家である理学療法士が、患者様の症状をしっかりと伺い、姿勢や動作評価のもと、なぜ痛いのかという身体との因果関係をご説明し、お一人お一人に合った治療をご提供します。

手術後の治療

適切な手術を受けても、その後医学的管理に基づいた適切なリハビリテーションが行われないと、十分に症状が改善されないことがあります。 したがって、手術後のリハビリテーションでは日々変化していく患部の状況に合わせて、「いつから」「どのような方法で」「どのくらいの負荷で」治療を実施していくかが重要となります。 当院では、医師との綿密な連携のもと、手術後の状態に合わせたリハビリテーションをご提供します。 また、他院で手術をされ、退院された患者さまの術後リハビリテーションも積極的に受け入れています。

アスレチックリハビリテーション

より迅速なスポーツ復帰が求められるこの分野において、スポーツドクターと理学療法士が連携を図りながら復帰のサポートを行います。
早期復帰を意識しすぎて損傷部位が脆弱なままスポーツを行うことや自分自身の体の悪いクセや動きの弱点を知らずに復帰することも再受傷のリスクを増加させます。損傷部位に対する適切な運動負荷設定と、復帰する競技に特化したトレーニングを我々は提供しています。
多くの運動部活生や社会人競技者から「曖昧にしがちな復帰時期を正確に教えてもらい役立った。」「怪我からの復帰はもちろん怪我する前よりも強くなれた。」「自分の弱いところが解ってその後の競技にも活かされた。」などの声をいただいています。
身体の不具合で悩んでいる競技者はもちろん、ご両親の立場、指導者の立場、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP