院長
近間 英明
HIDEAKI CHIKAMA

当院は平成元年に開院致しました。

診療の基本方針は、最新の医学的知識および治療技術の内容を患者様に提供できることを目標にしてきました。小さいクリニックですが正確な診断、適切な治療を心がけ、自院で対応出来ない外傷、障害、疾病はすみやかに紹介することをモットーにしています。
クリニックの近くにはCT、MRIなどを備えた医療機関が多数あり、ほとんど待たせることなく検査が可能です。

手術的加療が必要な患者様は、当院で対応できない疾患は九州大学、浜の町病院、福岡赤十字病院、原三信病院、九州医療センター、九州中央病院、福岡市民病院、済生会福岡総合病院の整形外科や他の診療科に紹介するようにしています。

整形外科の分野は近年、肩関節、股関節、膝関節,足関節の関節疾患や、手外科、脊椎外科、リウマチ疾患と多岐にわたります。整形外科疾患の大半は手術することなく、リハビリテーションや薬物療法などの治療で良くなります。

そのためにリハビリテーションを担当する理学療法士の役割はとても重要です。
理学療法士の疾患に対する知識の充実、リハビリテーション治療の技術の向上も目指しています。

クリニックのもう一つの特徴として、私はスポーツが好きだったせいでサッカー、ラグビー、陸上競技などの愛好家や運動選手が良く来られます。現在九電ヴォルテクスラグビーチームなどのスポーツクラブのチームドクターをしていることもあり、運動外傷、障害などの治療、リハビリテーション、コンディショニングを行っています。

これからも皆様からより信頼されるクリニックを目指し、スタッフ一人ひとりが励んで参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

経歴
昭和48年 九州大学医学部卒業
昭和48年 九州大学医学部 整形外科 入局
昭和52年 福岡赤十字病院 整形外科
昭和56年 唐津赤十字病院 整形外科部長
昭和63年 至誠会 木村病院 整形外科
平成元年 近間整形外科クリニック 開業

資格
医学博士
日本整形外科 専門医
日本体育協会 公認スポーツドクター
日本リウマチ財団 登録医
日本整形外科学会 認定リハビリテーション医師

チームドクター
九電ヴォルテクス(九州電力ラグビー)
福岡アンクラス(なでしこ2部リーグ)
福岡高校ラグビー部 他運動部

副院長
近間 知尚
TOMONAO CHIKAMA

平成31年4月より、副院長として勤務することになりました、近間知尚です。

父である現院長は、当クリニックを平成元年に開業しましたが、息子の私が令和元年の年に勤務することになり、不思議な縁を感じています。

30年に渡り積み上げられた、近間整形外科クリニックの信頼と理念を受け継ぎながら、私も地域住民の皆様のために、日々たゆまぬ努力と研鑽を重ねていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

経歴
平成20年 久留米大学医学部卒業
平成20年 九州大学医学部付属病院 初期研修医
平成21年 唐津赤十字病院 初期研修医
平成22年 九州大学医学部 整形外科 入局
平成22年 浜の町病院 整形外科
平成23年 九州大学医学部付属病院 整形外科
平成24年 佐世保共済病院 整形外科
平成25年 登別厚生年金病院 整形外科
平成26年 JCHO 登別病院 整形外科
平成27年 山口赤十字病院 整形外科
平成28年〜平成31年3月 佐田厚生会 佐田病院 整形外科

所属学会
日本整形外科学会
日本肩関節学会
日本足の外科学会
日本リウマチ学会

資格
日本整形外科学会 専門医
日本体育協会 公認スポーツドクター
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定リハビリテーション医

チームドクター
九電ヴォルテクス(九州電力ラグビー)
福岡高校ラグビー部 他運動部

PAGE TOP